スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月30日③

10月30日③

【白石】

『猪木会長の格闘プロレス宣言』

異議有り!

格闘プロレスは、全日本プロレスの
キーワード。

やはり、倒すしかないのかな…
ルールも違うけど。

【ジャン斉藤・Dropkick編集者】

アントンvs白石、同士討ちがハッピーエンドだなあ。

【Kさん】

でも巻き添え食うのは選手なんですよね…

【ジャン斉藤】

ただでさえどっちもお客が入ってない中、これで選手を含めた評価がまた下がるのは苦しいですね。


【関連記事】

猪木会長「新しい格闘プロレスの幕開け」
http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131030-1211182.html


【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11659783867.html
https://twitter.com/majan_saitou
スポンサーサイト

10月30日②

10月30日② 三冠戦、世界ジュニア戦が決定!

【全日本公式】

「2013 王道ルネサンス」
11月24日(日)15:00  
長野・ビッグハット

◆三冠ヘビー級選手権 60分1本勝負
   
[C]曙 vs ジョー・ドーリング

◆世界ジュニア選手権試合 60分1本勝負
    
[C]金丸義信 vs 鈴木鼓太郎

【情報元】

http://www.all-japan.co.jp/news/detail.php?id=2195

10月30日①

10月30日① 潮崎豪がファンミーティングを開催決定

【全日本公式】

11月30日大阪大会終了後、潮﨑選手をファンミーティング行う事になりました。
詳細は下記通りです!

「第1回 全日本プロレス ファンミーティングinミナミ 』

【日時】2013年11月30日(土)21時~23時(開場20時30分)

【場所】プロレスリングBARカウント2.99
    (住所:大阪市中央区千日前1-7-7サンプラザビル3F)
    
【参加選手】潮﨑豪選手

【料金】4000円(1ドリンク付)

【参加条件】:全日本プロレス11/30大阪大会の半券、あるいは12/8大阪大会のチケットをお持ちの方

【イベント内容】トークショー、サイン&撮影会、プレゼント大会など

【予約・お問合せ】カウント2.99(TEL:0662132998、MAIL:count299@hotmail.co.jp)


※参加条件であるチケット提示は開場入口にて行いますのでお忘れないよう御願いします。なお、チケットについては、カウント2.99(http://count299.jimdo.com)でも販売しております。11/30大会は事前購入が必要ですが、12/8大会はイベント時に購入でも参加条件は満たします。

【情報元】

http://www.all-japan.co.jp/news/detail.php?id=2193

10月29日④

10月29日④

【白石】

『対戦相手 募集』

諏訪魔選手が、陥没した…
絶対王者だと思っていたのに。。。
リミッター外した横綱は、強すぎたのか、
脇腹を怪我したからなのか…

でも、逆に、諏訪魔選手にとっては、チャンスかも。様々な選手と戦い、更なる高見を目指すチャンスなのだから。

諏訪魔対藤田とか、諏訪魔対バンナとか、見たいな!!
諏訪間対健介でもいい!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11657004439.html

10月29日③

10月29日③

【白石】

『KENSO選手』

ついに、第0試合降格
私は、マッチメイクも、試合順も、関わってないが、第0試合は、いくらなんでも、可哀想…

もっと熱い試合をしないと、ダメだと思う!!
マイクアピールに頼りすぎでは。

チャンカンの時の、あの素晴らしいファイトはどうしたのか?

最後の奮起に期待したい!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11656994153.html

10月29日②

10月29日②

【白石】

『コタロー選手』

ジュニアでの跳躍力は、ピカ一だと思う!!
だけど、寡黙だ。
それがまた、魅力的だけど。

動の青木、静のコタロー。
素晴らしいタッグチームだ!

だけど、彼らを超えるチームを世界から探さないと!フロント頑張れ!!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11656988977.html

10月29日①

10月29日①

【白石】

『補足2 蝶野アドバイザー』

僕は、蝶野の大ファンだった!
ヒールに転換してから、特に!
だけど、遠慮してる蝶野さんは、蝶野らしくない。
アドバイザー継続してくれるなら、全日本を破壊する位のブラック蝶野さんと契約したいのが、本音です。
ファンの皆さんは、違和感感じませんか!?
おとなしい蝶野さんに。

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11656977306.html

10月28日④

10月28日④

【白石】

『補足 蝶野アドバイザー』

何がしたいのか、わからない。
今のままなら、アドバイザー解任でいいのかも。
来年は、ないかな…

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11656751558.html

10月28日③

10月28日③

【白石】

『外国人選手たち』

昨日の両国大会…
外国人選手たちが、乱入を繰り返した…
あまり、ああいうのは、好きではない。
ただ、曙選手が目覚めたように、外国人選手たちも
目覚めたのかも知れない。
全日本プロレスは、外国人にも、チャンスを与えられると。
ベルトにチャレンジするなら、全日本プロレスのチャンピオンシップにふさわしい振る舞いをして、トライしていって欲しい。
正々堂々と!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11656747340.html

10月28日②

10月28日②

【白石】

『ファンの皆さん、本当にありがとうございました!!』

まだまだ、満員には程遠いけど、かすかな光明が見えました!!
自分達で考え、自分達で、看板を守る。
来月から、準備期間を終えて、新生全日本は、ばく進します!

【Aさん】

全力でお願いしたいことがあり、
急遽idを取得しました。

今回の両国、私は升席で観戦しておりましたが、東側の13~14列目あたりに陣取った方の振る舞いがひどすぎでした。

入ってきたのは休憩明け頃かと思いますが、とにかく選手、試合に対する口汚い野次がひどく、
挙げ句
「俺、招待券だから!」
「金払ってまで観たくないし」
などと大声で怒鳴り散らしており、非常に気分を害し途中で帰宅しました。

本当に気分が悪いです。
係員に言ってもなにも対処してくれませんでしたし。

招待券に関してなにか言いたいのではありませんが、
ただ、あのような輩をタダ見させた上、それが原因となり有料入場者が馬鹿をみるような事は御免です。


追記

すみません
東側13~14というのは限定しすぎました。
東側升席の後方、少なくとも14列目以降です。

耐えかねて途中退場したにもかかわらず、いまだ悔しくて眠れぬほど、本当に、本当に苦痛でした。

なんで、貴重な休日と金をを消費してまでこんな目に逢わなければならないのか。

本当に悔しいです。

【白石(と思われる投稿者)】

大変不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
今後の対応、考えさせます。

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11655376970.html

10月28日①

10月28日① 両国大会を振り返る

【バトル・ニュース】

全日本プロレス
ANNIVERSARY TOUR 2013
日時:10月27日(日)開始:16:00
会場:両国国技館
観衆:2563人

▼第0試合 シングルマッチ 15分1本勝負
○KENSO
3分43秒 葉隠れ→エビ固め
●Mr.450

▼第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負
井上雅央(フリー)/○佐藤光留(パンクラスMISSION)
10分6秒 ワキ固め
●荒谷望誉/宮本和志(フリー)

▼第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
△ドリー・ファンク・ジュニア/テリー・ファンク
20分 時間切れ引き分け
渕正信/△西村修(フリー)

▼第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○ジョー・ドーリング/ジェームス・ライディーン(ZERO1)
13分40秒 レボリューション・ボム→エビ固め
●ディーロ・ブラウン/バンビ・キラー

▼第4試合 アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]鈴木鼓太郎/○青木篤志
20分14秒 アサルトポイント
[挑戦者組]●石井慧介(DDT)/入江茂弘(DDT)
※第92代王者組・鼓太郎&青木が4度目の防衛に成功

▼第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]○金丸義信
15分30秒 タッチアウト→片エビ固め
[挑戦者]●SUSHI
※第35代王者・金丸が6度目の防衛に成功

▼第6試合 タッグマッチ 60分1本勝負
秋山準/○大森隆男
25分29秒 アックスボンバー→体固め
潮﨑豪/●宮原健斗(フリー)

▼第7試合 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]●諏訪魔
19分30秒 ヨコヅナインパクト→片エビ固め
[挑戦者]○曙
※第46代王者・諏訪魔が3度目の防衛に失敗。曙が第47代王者となる

【関連ニュース】

▼『世界最強タッグ決定リーグ戦』出場チーム

潮崎豪&宮原健斗
鈴木鼓太郎&青木篤志
ディーロ・ブラウン&バンビ・キラー
ダーク・オズ&ダーク・クエルボ
秋山準&大森隆男
ジェームス・ライディーン&マイバッハβ
曙&SUSHI
諏訪魔&ジョー・ドーリング

▼三冠ヘビー級王座、次期挑戦者はジョー・ドーリング

▼世界ジュニアヘビー級王座、次期挑戦者は鈴木鼓太郎

▼チーム・ドリフが高尾蒼馬を加えたフルメンバーで
次期シリーズ『王道ルネサンス』に参戦。

【情報元】

http://battle-news.com/battle/2013/10/002008.php

10月27日⑤

10月27日⑤ 両国大会に関するツイッター上の反応

≪試合開始前≫

【開場直後】

ファンクスサイン会グッズ購入
入場後1分待たずに終了

【試合開始直前】

BXkN4SHCMAAOYqn.jpg


≪前半戦≫

【第1試合開始直前】

全日本ニコ生の無料部分、即終わったおw
このやりかたって・・・PPV数伸びないんじゃないのか~?

【第1試合】

○佐藤光留 井上雅央 (脇固め) ×荒谷望誉 宮本和志

懐かしの串刺し失敗も出て、荒谷ワールド全開ww
ひかるんの脇固めに、宮本がもうちょっとでカット入れたのにギブアップ(笑)。
「元祖天才バカボンの春」が流れました!

【第2試合】

△D・ファンクJr T・ファンク (20分時間切れ引き分け) △西村修 渕正信

BXkQxNwCEAA-MxP.jpg

渕&西村がデンジャーゾーンで入場→文京区の区長が西村の応援演説→アドバイザー蝶野がクラッシュで入場→ファンクスがスピニングトーホールドで入場→蝶野からファンクスに激励の花束と記念撮影
京平コールも出来たし試合前でだいぶ満足させられた

ファンクスが神々しい。「生きてるってなんだろ?」に「生きるとはこういう事だ!!」って見せつけられた気分だ!

【第3試合】

J・ライディーン ○J・ドーリング (レボリューションボム) B・キラー ×D・ブラウン

レボリューションボム(回りすぎぃ!)でジョー勝利!

【休憩前】

全日本次期シリーズには入江、石井だけでなく高尾選手も参戦!

今年の最強タッグリーグ出場チーム、潮崎&宮原、鼓太郎&青木、ディーロ&バンビ、オズ&クエルボ、秋山&大森、ライディーン&マイバッハβ、曙&SUSHI、諏訪魔&ドーリングの全8チーム

≪休憩中≫

ファンクス降臨に両国国技館ロビー売店は大賑わい

BXkgQP2CMAAQaoV.jpg

余計なお世話だけど、休憩中に色々な宣伝や選手の意気込み、過去の映像流したほうがいいんじゃ…。

≪後半戦≫

【第4試合】

○青木篤志 鈴木鼓太郎 (アサルトポイント) 入江茂弘 ×石井慧介

女子プロレスブームの時みたいな紙テの量だな!

DX2Y8.jpg

アサルトポイントで青木が石井を沈めアジアタッグ防衛、前哨戦とくらべかみ合った良い試合でした!やっぱり入江の突進力というかあのパワーは他で見ても面白い。

【第5試合】

○金丸義信 (タッチアウト) ×SUSHI

うーん、SUSHI、正直期待外れでした。後楽園で6人タッグとはいえ、向こうに曙がいる中、金丸からとって、覚悟を持って臨んだと思うんですが、なんかもっとSUSHIという存在に自信をもっていいと思うんですよね。自分の可能性を信じない者に勝利の女神は微笑まないと思います。

次期挑戦者は鈴木鼓太郎!ノアジュニア対決は楽しめそう!

BXktYKhCcAAHZg6.jpg

【第6試合】

○大森隆男 秋山準 (アックスボンバー) ×宮原健斗 潮崎豪

秋山の入場曲が小橋さんっぽくなってる!

アックスボンバーで、大森が健斗をピン。激しくやり合いましたが、同期組のエグい攻撃が目立ちました。

負けたチームをディーロ&バンビが襲撃→青木&鼓太郎が救出に入るが返り討ち→KENSOが入ってきてディーロ&バンビと睨み合い→帰っていくガイジン→潮崎に握手を求めるKENSO→潮崎拒否→KENSOの曲がかかる……謎過ぎる!

【第7試合】

○曙 (ヨコズナインパクト) ×諏訪魔

新PWF会長、ドリーファンクJr.
新三冠ベルト披露

817883848.jpg

横綱経験者で初のシングル戴冠!曙フツーに強かった!

三冠ヘビー級にジョードーリング挑戦表明。雑にベルトを扱ったジョーに曙が「おい、ジョー!何考えとんじゃワレ!ベルトはそう簡単に巻けない。このベルトを賭けていつでもどこでも闘います!今日はありがとうございました!」で締め!良い大会でした。

【情報元】

@parupuntenten @taka_K29 @momopi2 @Duka3 @ma04kam24 @masapink @ULTIMATEROYALE @345m @2works @taninjpw @ayumu_kohiyama @kt7475yw

10月27日④

10月27日④

【白石】

『さぁ、両国だ!』

選手は、頑張る!!
おらも、頑張る!!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11654647865.html

10月27日③

10月27日③ IGFが把瑠都獲得か

【デイリースポーツ】

引退した大相撲の元大関把瑠都のカイド・ホーベルソン氏(28)が観戦した。ボブ・サップ(39)とにらみ合い、把瑠都コールも浴びたホーベルソン氏は「(来場は)プライベートです」と笑顔で話した。

まだ20代で198センチ、189キロの大器には全日本が興味を示しているが、IGFのサイモン・ケリー猪木取締役(39)も「もちろん興味はある。きょうは“お試し”ということで」と色気を見せた。元大関の関係者は“転向”について「(来年2月8日の)断髪式が終わったら、いろいろ考える」と完全否定はしなかった。

【関連記事】

全日本の白石オーナー、把瑠都に興味
http://www.daily.co.jp/ring/2013/09/12/0006330615.shtml

【情報元】

http://www.daily.co.jp/ring/2013/10/27/0006449954.shtml

10月27日②

10月27日②

【白石】

『ファンクス』

呼んだけど、お客様が、楽しんでもらえるかが、肝心。
さて、どうなるか?

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11653934642.html

10月27日①

10月27日①

【白石】

『両国大会』

明日は、一人のプロレスファンとして、観戦します。
ショボい試合には、ヤジを、凄い試合には、拍手を送りましょう!!
会場内で見かけたら、気楽にお声がけください!

【Rさん】

ヤジ?
オーナーの言葉とは思えないコメントですね…

言葉は選んで使うものですよ‥
ショボい試合にはヤジでは無く、檄をとばすべきではないですか?

試合をヤジれとは…?

【白石(と思われる投稿者)】

おっしゃる通り。
訂正します。

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11653929210.html

10月26日③

10月26日③ いよいよ明日は両国大会!

v1382788808.jpg

全日本プロレス 両国国技館大会
10月27日 15時30分試合開始

【全対戦カード】

◆第0試合 15分1本勝負
KENSO vs Mr.450

◆第1試合 20分1本勝負
佐藤光留、井上雅央 vs 宮本和志、荒谷望誉

◆第2試合 20分1本勝負
T・ファンク、D・ファンクJr vs 西村修、渕正信

◆第3試合 30分1本勝負
J・ライディーン、J・ドーリング vs B・キラー、D・ブラウン

◆第4試合 アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[C]青木篤志、鈴木鼓太郎 vs 入江茂弘、石井慧介

◆第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[C]金丸義信 vs SUSHI

◆第6試合 60分1本勝負
大森隆男、秋山準 vs 宮原健斗、潮崎豪

◆第7試合 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[C]諏訪魔 vs 曙


【関連情報】

◆当日券販売情報

13時発売開始

プレミアムシート¥15,000
特別席(1桝2人掛け)¥10,000
A指定席(1桝2人掛け)¥7,000
B指定席(1桝2人掛け)¥5,000
2F特別席¥5,000
2F指定席¥4,000

◆新商品情報

ファンクス Tシャツ(サイズ/S・M・L・XL)サイン入りポートレート付き
会場販売価格:5,000円

全日本プロレス 両国大会記念Tシャツ(サイズ/S・M・L・XL)
会場販売価格:3,000円

全日本プロレス ロゴTシャツ緑(サイズ/S・M・L・XL) 
会場販売価格: 2,500円

曙 Tシャツ(サイズ/S・M・L・XL) 
会場販売価格: 3,000円

全日本プロレス ステッカーシート
会場販売価格: 500円

全日本プロレス公認 紙テープ
会場販売価格: 1セット200円
(3セット購入で500円)

◆サイン会

蝶野正洋(試合前)
対象:売店にてアリストトリストグッズをお買い上げのお客様

ファンクス(休憩時間中)
対象:売店にてファンクスTシャツをお買い上げのお客様

◆PPV情報

スカパーオンデマンド
http://vod.skyperfectv.co.jp/
前売価格=1,890円、当日価格=2,100円

nikoniko生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv155577209
前売=1,800ポイント(1,800円)、当日=2,000ポイント(2,000円)


【情報元】

http://www.all-japan.co.jp/
https://www.facebook.com/groups/328784517267802/permalink/345985258881061/
https://twitter.com/tigerkihara

10月26日②

10月26日②

【白石】

『人間の限界』

川田選手と、今後の全日本を話した事がある。
そもそも、四天王を超える事は可能なのか?

答えは、Yes。
但し、怪我人が出る覚悟と勇気が必要…
僕は、何も言えなかった…

あのとき、選手の大量離脱で、全日本の看板を守るためには、全てのプロレス団体を超越したプロレスをするしかない、という意志が、残ったレスラーに危機意識として芽生え、あのデンジャラスプロレスに行き着いたらしい。

今と状況が似ている…
やはり、選手の意識改革次第か…

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11653221389.html

10月26日①

10月26日①

【白石】

『明日の両国』

僕の中で、裏メインは、ジョー、ライディーンの外国人対決だ。
外国人にも、チャンスはどんどん与えられるが、
ファンを作れなければ退場となる。

外国人たちが、どんなムーブメントを起こせるか、
明日は、観客席で、のんびり見よう!!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11653127695.html

10月25日④

10月25日④

【白石】

『それが大事』

ビジネスは、成功するまで諦めない事。
それが、成功するコツだ。

僕が、先輩経営者から頂いた言葉。

よく、いつ全日本を手放すか、といった事を耳にする。

それは、全日本プロレスのフロント、レスラーの苦労が報われるようになった時に、ファンの声を聞いて判断する。

まぁ、この先10年間は、ないだろう!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11652268155.html

10月25日③

10月25日③ 秋山準が新ユニット結成へ

【東京スポーツ】

往年のアジアコンビが復活する。全日本プロレスの秋山準(44)が23日、バーニングの解体を表明。大森隆男(44)と新タッグを結成して「世界最強タッグリーグ戦」(11月30日、大阪で開幕)に臨むことになった。

潔い決断だ。22日の新潟大会で諏訪魔、ジョー・ドーリング組に敗れて世界タッグ王座から陥落した秋山はこの日の高岡大会で「アイツ(潮﨑)には自分の道を行きたいという考えがある。アイツが決めればいい。僕はアイツらの壁になる。バーニングは解体ですね」と、潮﨑豪とのコンビ解消を告げた。

すでに潮﨑は同門の鈴木鼓太郎、青木篤志と今後を話し合っており、潮﨑には一匹狼・宮原健斗も急接近。秋山は一枚岩になりつつある次世代の上昇ムードに水を差すつもりはなく、ならばバーニングを発展的解消し、若手との世代闘争に転じるという。

さらに秋山は新パートナーに「壁と言われるならば同期のアイツだろう。大森隆男」と断言。大森、金丸義信、さらには「全く壁にならないかもしれない」(秋山)という井上雅央とアラフォー軍団を結成する考えを明かした。

秋山と大森は全日マットで1995年から98年までアジアタッグ王座を保持した名コンビで、12度の連続防衛数は力道山、豊登組と並ぶ歴代2位の記録を持つ(1位はアントニオ猪木、吉村道明組のV15)。昨年の「ALL TOGETHER」(2・19仙台)で小橋建太、武藤敬司組の相手として一夜限りのコンビを結成したが、本格的タッグ結成は実に15年ぶりとなる。

大森は「秋山選手からの歩み寄りは正面から受け止める」と快諾。全日マットが面白くなってきた。

【情報元】

http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/197587/

10月25日②

10月25日② 潮崎豪がブログでバーニング脱退の挨拶

【潮崎豪】

三条でのタイトルマッチ、
負けてしまいベルトを失いました。

やられてしまいました。

これから前に進むために
上にあがっていくために

バーニングを抜けます。

そして秋山さんと
プロレスの全てにおいて勝負がしたい。

自分のわがままを聞いてくれたメンバーに感謝です!

バーニングのファンのみなさんに感謝です!

自分で考えて、動いて頑張っていきます!

盛り上げていくぜっ!!

【情報元】

http://ameblo.jp/gogoshiozaki/entry-11650725456.html

10月25日①

10月25日① 渕正信が両国大会への意気込みを語る

【渕正信】

諏訪間が三冠と世界タッグベルト合わせて遂に五冠王になったね。三条市での試合は30分超えの凄いものだったらしいね。これで27日国技館での三冠戦にも弾みがつくだろう。

曙も国技館での三冠戦では「そうは行くかい!」と思っているからこの試合は見逃せない!大変な三冠戦になりそうだ。諏訪間は世界タッグ奪取が初めてだと知り意外な感があった。この勢いを三冠戦並びに最強タッグリーグまで持続できるか?とにかく面白くなりそうだ。

私もこの日は西村と組んでファンクスとの試合。ドリーが72歳でテリーが69歳。大丈夫かい?(笑)いくぶん心配気味である。テリーとはタッグを組んだことはあるが対戦は初めて。ドリーとは何度もやっている。引退試合の相手もした。ファンクスとの対戦は自分なりに興味をそそられるが本当大丈夫かい?(笑)

かのルーテーズも74歳までリングに上がって試合をしたが結局は蝶野との試合タイムはたしか5、6分だったろう?鉄人ルーテーズすら70代になるとそんな感じなんだよ。70代前半のドリーと70代間近のテリー。来年還暦の私の方がプレッシャーがかかる(笑)。ま、西村に頑張ってもらおう(笑)。

【情報元】

http://pure-city.jp/fuchi/2013/10/2_3.html

10月24日③

10月24日③ 両国大会のカード発表!

【全日本公式】

全日本プロレス 両国国技館大会
10月27日 16時試合開始

◆第0試合 15分1本勝負
KENSO vs Mr.450

◆第1試合 20分1本勝負
佐藤光留、井上雅央 vs 宮本和志、荒谷望誉

◆第2試合 20分1本勝負
T・ファンク、D・ファンクJr vs 西村修、渕正信

◆第3試合 30分1本勝負
J・ライディーン、J・ドーリング vs B・キラー、D・ブラウン

◆第4試合 アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[C]青木篤志、鈴木鼓太郎 vs 入江茂弘、石井慧介

◆第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[C]金丸義信 vs SUSHI

◆第6試合 60分1本勝負
大森隆男、秋山準 vs 宮原健斗、潮崎豪

◆第7試合 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[C]諏訪魔 vs 曙

【情報元】

http://www.all-japan.co.jp/schedule/tour03.php?taikai_id=430

10月24日②

10月24日②

【白石】

『秋山準選手』

今日、ニュースを見た!!
ビックリした!
秋山選手と、潮崎選手、発展的チーム解消!!

でも、その方が、いいかもしれない…
秋山選手は、最後の王道継承者。

昔の天龍さんのような、高い壁となり、全日本の若手の最大の試練となるだろう。

冷徹で、怖い最大最強の壁だ!

今後どうなるのか、ワクワク♪

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11649566229.html

10月24日①

10月24日① 諏訪魔が両国大会でダブルヘッダー決行か

【東京スポーツ】

3冠ヘビー級王者・諏訪魔(36)がついに5冠王に輝いた。全日本プロレス22日の新潟・三条大会で、諏訪魔はジョー・ドーリング(31)とのコンビで秋山準(44)、潮﨑豪(31)を撃破し、世界タッグ王座を獲得。武藤敬司以来、約12年ぶりに5冠を達成した。王道史に新たな名を刻んだ諏訪魔は、さらなる挑戦を決意。史上初となる3冠・世界タッグ両王座のダブルヘッダー防衛戦を予告した。

全日マット創始者・故ジャイアント馬場さんの故郷で、諏訪魔が夢の扉をこじ開けた。さんぜんと輝く5本のベルト。絶対エースの証しである「5冠王」の称号をついに手にした諏訪魔は「世界タッグのベルトはこんなに重かったのか…。いや~長かった。馬場さんのお膝元で感無量です」と喜びに浸った。

意外なことに、諏訪魔のタッグ王座戴冠は、デビュー10年目にして初めて。協調性に欠ける唯我独尊スタイルが災いし、これまで7度も同王座に挑戦しながらいずれも敗北していた。だが、7月に発進した新生全日のかじ取り役になってからは「かゆいところに手を届かせる作業をしている」と周囲に目を配るようになった。大人になった諏訪魔には和の精神が自然と芽生え、序盤からドーリングと絶妙の連係を披露。タッグで無敵を誇る秋山、潮﨑組を攻め立てた。

合体技も次々に決め、最後は諏訪魔がエプロンで秋山を執念で食い止める間に、ドーリングが潮﨑に必殺レボリューションボム一閃。30分を超える死闘を制した。

大きな壁を突破した諏訪魔は「5冠を取ったのはすごい人ばかり。その名に負けないようにやらなきゃ。ただ歴史を尊重することも大事だけど、新しい全日本の未来を見据えた戦いをする」とキッパリ。さらに「ここまで来たらまた欲も出る。3冠と世界タッグを同時にやったのを見たことがない。次はこれ」と、1日に2つの防衛戦を強行する史上初の“5冠Wヘッダー”をブチ上げた。

諏訪魔は27日の両国国技館大会で曙と3冠防衛戦を控える。年内最終シリーズは恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦(11月30日、大阪で開幕)となっており、この野望に打って出るのは早くても来年1月となるが、諏訪魔は本気だ。「まずは横綱に勝たないと。でもスリーパーを2度も決めたし、自信はある」と断言した。

【情報元】

http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/197197/

10月23日④

10月23日④ 潮崎秋山がタッグ解消、大森秋山組結成か

【プロレス/格闘技DX編集部】

▼「全ての面で勝負したい」 潮崎が秋山とのタッグ解消を志願
▼潮崎の意志尊重 秋山は大森との最強タッグ出場視野
▼最後の前哨戦は王者制すも曙、諏訪魔の5冠に刺激
…高岡大会

【秋山準】

「試合前に豪から相談を受けたんだけど、あいつは俺と一回離れて勝負したいと。自分で思う通りにやればいいと思うし、あいつが自分で上にいくためにその先につながることを考えるんであれば全て受け入れる。自分で出した結論だったら尊重するよ。あいつの前に立つんであれば、俺の中で大森と組むのが一番かなと思ってる。あいつも征矢君がいない状態だし、久しぶりに俺と大森が組んで最強タッグに出たいと思ってるよ。今日の試合後にでも話して口説こうかなと。若い奴らが自分でやろうと決起してる時に、その前に立つんであれば、俺らは同期だし、わかりやすくていいでしょ。(潮崎の壁になると?)それが一番いいと思うよ。わかりやすくてね。俺が言ってやりますってなったら違うけど、あいつが出した結論だから俺もうれしいし、自分でやるのと人に言われてやるのは違うからね。ついに立ち上がったかと。俺も小橋さんから離れる時もいろいろ考えながらやったし、豪もそういう時期なんだよ。遅い早いは多少あるかもしれないけど、あいつがいまだと考えるなら、よし、いけと。もちろん前に立つ時は違うよ。簡単に超させないから。勝敗だけじゃなく、頭脳とか全ての面で勝負したい。そんなことをベロベロに酔っ払いながら言ってたこともあるしね。世界タッグで負けて、いいタイミングというのはおかしいけど、ベルトを持ってたらタイミングは訪れないからね。いいタイミングだと思うよ。俺は今から大森を口説かないとね。あいつも俺の気持ち、言葉を聞けば、同じ答えになるんじゃないかな。(バーニングの今後は?)それは他の奴らとも話さないといけないね。鼓太郎とか青木とか、いろんな話をしてるみたいだし、聞いてみてよ。自分で考えたことは全て自分に跳ね返ってくることになるからね。潮崎に関しては、今から本当の潮崎豪が始まるんだと思うよ」

【潮崎豪】

「(秋山が潮崎戦手からタッグ解消の相談を受けたと言っていたが?)今回、世界タッグを獲られて、バーニングは秋山さん主体のものだったのがあるし、自分としてはいいタイミング、いいチャンスだと思える敗戦だった。秋山さんと対面に立ってプロレスで勝負したい気持ちですね。自分が上がっていくためにも秋山さんとやるのが、自分で物事を進めていくことが自分に必要。トップとして全日本を引っ張っていくことが自分自身のレベルアップにつながっていくと思ってるんでね。だから、このタイミングで勝負したいと思いましたね。自分では頼ってるつもりなくても、今まで自分の足りないとこを秋山さんに補ってもらってた、助けてもらってた部分が大きいと思う。自分が変わっていくいいきっかけになったなと。(宮原がタッグ結成を熱望していたが?)あいつに関しては、新しい風がどうのこうの、そこまで言うんだったら面白ぇじゃねぇかと。ただ、お前じゃ無理だよと。俺自身、秋山さんとプロレスで勝負することが一番だから、先というものがしっかりみえるし、俺が引っ張っていくというのはいつも思ってること。結果的に秋山さんに頼ってることが多かったけど、いつまでもそういう状況に甘えていられないからね。自分で引っ張っていくようになるのが必要。自分も全日本プロレスというものを新しい世界にもっていけるようにやっていかないといけない。俺がやらなきゃいけないのはずっと思ってたけど、昨日の世界タッグを獲られたのは、いいタイミング、いいチャンスをもらったと思ってる。秋山さんと組んで学ぶこともあれば、戦って学ぶこともある。これで全日本も面白くなると思うし、盛り上げるのにいいことじゃないですか。だから今このタイミングで秋山さんと全ての面で勝負したい。そういう気持ちが強いですね」

【情報元】

https://twitter.com/PKDX
http://iga23.iga-log.com/Entry/490/

10月23日③

10月23日③ PWF新会長候補にドリーファンクJrが浮上

【デイリースポーツ】

元全日本の馳浩衆議院議員(52)が退任して以来、空位となっているPWF(太平洋沿岸レスリング連盟)会長に、ドリー・ファンク・ジュニア(72)が有力候補として浮上していることが22日、分かった。

1972年10月22日に旗揚げした全日本はこの日、41回目の記念日を創設者の故ジャイアント馬場さんの地元、新潟県三条市で迎えたが、エース外国人の一人として王道マットを初期から支えたドリーなら資格は申し分ない。統一前の3冠王座の一つ、インターナショナルヘビーの元王者でもある。馳氏の退任後、後任には5月に引退した元3冠王者・小橋建太氏(46)らの名前が挙がっていた。

ドリーは、実弟テリー・ファンク(69)との名コンビ“ザ・ファンクス”として、27日の両国国技館大会に来日し、渕正信(59)&西村修(42)と対戦することが発表されている。

当日はPWFが認定する全日本の至宝・3冠ベルトが1本にリニューアルされ、お披露目される。試合前のセレモニーが、新会長の初仕事になる可能性もありそうだ。

【情報元】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000008-dal-fight

10月23日②

10月23日②

【白石】

『潮崎選手』

おそらく、マット界ナンバー1のイケメンレスラー。
そして、強い!

武藤さん曰く、「自分の過去含めて、あいつは、馬場さん、猪木さんを、超えるスターになるよ!」
といっていた。

色んな潜在能力を持っている。

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11648347655.html

10月23日①

10月23日①

【白石】

『生きてる眼』

再生に向けて、様々な企業に乗り込んで行く。
そんなとき、大概の社員の眼は、死んでいる。
しかしながら、一部の社員の眼は、死んでいない。
眼の奥底から、光る眼を持っている。
そんな彼らに、再生への道筋を論理的に指導して、資金、人材、再生ノウハウを提供して、復活させる。
しかし、再生のキーは、我々ではない。
生きてる眼の社員たちだ!

【情報元】

http://ameblo.jp/alljpprowrestlingowner/entry-11648292817.html
プロフィール

S

Author:S
新たに全日本プロレスのオーナーに就任した白石氏によるFB、ブログの発言を中心に関連ニュース等をまとめています。

白石氏の発言のみを参照したい方はカテゴリ欄の「白石FB発言」等からご覧ください。

Twitter→@shiraishi_fb

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。